病気で薬を探す

売れ筋ランキング

薬を探す記事一覧

フィラリア症予防薬には種類があります。投与する形態や成分の違いがありますので、ペットに合わせた物を選んで下さい。個人輸入代行のショップは沢山あります。その中でも一番安い所を探しました。たまに、品切れをしている場合がありますので、2番目に安い所も見つけました。フィラリア薬を最も安く、お得に購入する秘訣は、シーズンが終わりそうになる秋口と、シーズンが始まる春先にセールをやるので、そこで1年分まとめて購...

フロントラインプラス月1回肩甲骨の間に滴下するだけでノミとマダニの駆除効果は1ヶ月続きます。投薬後24時間でノミの成虫を駆除しマダニも48時間で駆除できます。妊娠中のペットや授乳期の母犬・猫、生後8週齢からの子犬や子猫へも投与できます。ノミの成虫、ノミの卵、幼虫、さなぎ、麻痺ダニの成虫、クリイロコイタマダニの成虫の駆除内容量: 6本入り 有効成分フィプロニルとS-メトプレン猫 用小型犬用中型犬用猫...

春めいてくると、心配になってくるのがフィラリア予防とノミやマダニ駆除薬です。月に1回の投薬とはいえ、できることなら薬等は少なくしたいですよねそこで、フィラリア予防とノミやマダニ駆除が1つで出来てしまう薬を紹介します。年々、薬の研究も進んで、副作用の少ない少量で効果の上がる薬ができてきています。何処よりも安くフィラリア・ノミダニ駆除のできる薬を販売しているショップを紹介します。経口タイプ多頭飼いをし...

犬や猫の体内寄生虫はノミなどから感染する条虫、ウンチや母体からの胎盤感染する回虫、ウンチや母乳、胎盤などから感染する鈎虫、そして蚊が媒介するフィラリアなどがあります。子猫を保護した場合や家猫なんだけど、たまに外に出してあげている猫などの場合は、寄生虫に感染している可能性があります。また、犬も散歩の途中で拾い食いをしてしまう子は寄生虫に感染してしまう危険性があります。購入した犬猫の場合でも繁殖してい...

マクロライド系の抗生物質マクロライド系抗生物質のアジスロマイシンは細菌による炎症、化膿、感染症に有効です。猫エイズや猫白血病などで歯肉口内炎なっている時や犬バベシア症に処方されます。他にも咽頭・咽頭炎・扁桃炎・急性気管支炎・肺炎・肺膿瘍・慢性呼吸器病変の二次感染・副鼻腔炎深在性皮膚感染症・中耳炎・尿道炎・子宮頸管炎・歯周組織炎などのときにも処方されます。ジスロマック250mgジスロマック細粒200...

鎮痛薬とは病気や怪我、手術後の痛みを軽減するために使われます。抗炎症薬として使われる非ステロイド系の薬は、鎮痛作用をもっていますが一般の非ステロイド系抗炎症薬には、酷い怪我や手術後の強い痛み、特に内臓の痛みには効果がでません。しかし、ケトプロフェンやカルプロフェンなどは作用が強いので、手術後の鎮痛を目的としても使われています。また、これらの薬は、解熱作用もあるので、解熱鎮痛薬としても呼ばれています...

犬・猫の消化器系の病気というと、胃炎や胃潰瘍、小腸炎や大腸炎などがあります。腐ったものを食べてしまったり、有害な化学物質などを誤飲してしまったときに胃の粘膜に炎症が起こり、胃炎になります。炎症が治療されないまま進行してしまうと胃潰瘍に発展してしまいます。または、細菌やウイルスの感染やストレスから胃炎や胃潰瘍を発症してしまうこともあります。動物にはストレスがないと思われている人もいますが、人間よりも...

犬や猫が高齢になってくると様々な病気を発症します。その中でも心臓への負担が大きくなり、小型犬に多くみられるようになるのが、僧帽筋閉鎖不全症です。血液が上手く循環しないので、疲れやすく運動をしたがりません。また、病気が進行してくると少し動くだけでも息切れをしてしまいます。肺に血液成分が漏れ出して肺気腫を引き起こし咳がでるようにもなります。猫も高齢になってくると同じように心臓の動きが悪くなり、心不全等...

犬・猫の泌尿器系の病気は副腎皮質機能低下症のアジソン病がありますねまた、高齢化してくると腎炎や尿路結石になるペットもいます。1つの症状から他への病気を併発させてしまうこともあります。アジソン病治療の薬や尿酸降下薬などが安く購入できるサイトを紹介しています。アジソン病治療薬フロリネフ犬・猫のアジソン病、および副腎皮質機能低下症の治療に用いる合成鉱質コルチコイド製剤副腎皮脂機能不全、高カリウム血症の補...

皮膚に炎症がおきているとペットは掻き毟るようにカリカリ始めますよねその行為がさらに炎症を悪化させてしまいます。アトピー性皮膚炎なのか、ダニや感染症による皮膚炎なのかは獣医さんに診察してもらわなければ分かりません。診察結果で処方されるお薬は、長期にわたって投与しなければいけない薬もありますよね獣医さんによっては、高額になるお薬はネットで購入していいですよと言ってくださる先生もいます。処方されるお薬と...

犬や猫が頭を激しく振ったり耳を壁に押し付けたりしていたら、耳ダニがいるかもしれません。耳疥癬やミミヒゼンダニが寄生して繁殖を繰り返していると外耳炎になってしまいます。そうならないための予防や感染してしまった時の治療薬を紹介しています。点耳薬同成分、同量で価格が違うイリウムイヤードロップストロイイヤードロップス犬・猫用の耳内の洗浄及び殺菌消臭を行なう点耳薬です。抗菌、抗寄生虫作用があります。耳ダニ治...

犬・猫の主な目の病気は角膜炎、結膜炎、眼瞼炎(がんけんえん)などがあります。また、高齢化してくると白内障や緑内障などにもかかります。ペットは、目の周りにも被毛がありますので、被毛が目に入ったり、被毛から細菌感染してしまったりと人間よりも目を患うことが多いので、定期的にチェックしてあげてください。目やその周辺を前足で掻くような仕草や床に目を擦りつけるような動作をするときには特に注意して目を観察してあ...

真菌、黄色ブドウ球菌やマラセチアなどによる炎症や皮膚炎の治療のためのシャンプーで、動物病院でも処方されることの多い薬用シャンプーもあります。また、犬に起きる皮膚糸状菌感染の治療に役立つシャンプーもありますよマラセチア真菌症や脂漏性皮膚炎の治療用シャンプーマラセブシャンプー犬猫兼用マラセチア真菌症などの皮膚疾患治療用シャンプー。皮膚の痒み、炎症に効果的なシャンプー成分:ミコナゾール硝酸塩、クロルヘキ...