フィラリア薬選びに困ったら

フィラリア予防薬って沢山あるけど、何を選べばいいんだろう?
獣医さんから処方された薬が良いかなと思っていたけど、他にもあるなら試してみたい!

 

でも、もし副作用などがでてしまったら、獣医さん以外から買ったら見てもらえないかも・・・

 

と、悩んでいて個人輸入なら安く買えるのにと購入をためらっている方って多いんですよ

 

薬なので副作用の心配はあるでしょうが、規定量を決められた日数で投与していれば重篤な症状が出ることは無いそうです。

 

たくさんあるフィラリア症予防薬の中から何を選べばよいかの基準として、動物病院がどのようなフィラリア薬を投与しているのか調べてみました。

 

ほとんどの病院は薬の名称は書かれていませんでしたが、成分と形態から経口タイプはガルドメック(ハートガード)ではないかなと思います。

 

はっきりと、ガルドメックを示してくれている動物病院もありました。

 

ついでに料金も見ましたら、小型犬用で安い所で1回分が500円で高い所では1200円もしましたよ

 

※ガルドメックで1回500円はとても良心的な価格です。

 

また、2015年12月に発売開始されたネクスガードスペクトラを推奨している獣医さんが増えていました。

 

ネクスガードスペクトラはフィラリア症予防に加えてノミ・マダニ駆除も合わせてできる薬です。

 

私は、新しいネクスガードスペクトラもいいけど、価格的に考えたらパノラミスの方が安いのでそちらをおススメします。

 

価格等の確認はこちらで⇒ フィラリア症予防薬

 

日本国内で予防薬として承認された予防薬
承認順で イベルメクチン、ミルベマイシンD、ミルベマイシンオキシム、モキシデクチン、セラメクチン
(ミルベマイシンDは現在製剤化されていない)
すべてが同様の化学構造をしています。

 

フィラリア症予防薬の商品別有効成分一覧

スポットタイプタイプ

商品名 有効成分 予防・駆除対象
アドボケート イミダクロプリド・モキシデクチン 犬糸状虫・犬回虫・犬鉤虫
レボリューション セラメクチン 犬糸状虫・ノミ・ミミヒゼンダニ
ストロングホールド セラメクチン 犬糸状虫・ノミ・ミミヒゼンダニ
ブロードライン猫用 フィプロニル・(S)−メトプレン・エプリノメクチン・プラジクアンテル ノミ・マダニ・犬糸状虫・条虫類・猫回虫・猫鉤虫

チュアブル

商品名 有効成分 予防・駆除対象
ミルベマイシンA ミルベマイシンオキシム 犬糸状虫・犬回虫・犬鞭虫・犬鉤虫
ネクスガードスペクトラ アフォキソレイナー・ミルベマイシンオキシム 犬糸状虫・ノミ・マダニ・犬回虫・犬鉤虫・犬鞭虫
ハートガードプラス ピランテルパモ酸塩・イベルメクチン 犬糸状虫・回虫・鉤虫
ハートプロテクトプラス ピランテルパモ酸塩・イベルメクチン 犬糸状虫・回虫・鉤虫
パノラミス スピノサド・ミルベマイシンオキシム 犬糸状虫・ノミ・マダニ・犬回虫・犬鉤虫・犬鞭虫
インターセプタースペクトラム ミルベマイシンオキシム・プラジクアンテル 犬糸状虫・犬回虫・犬鉤虫・犬鞭虫・瓜実条虫・多包条虫

錠剤

商品名 有効成分 予防・駆除対象
センチネルスペクトラム ミルベマイシンオキシム・ルフェヌロン・プラジクアンテル 犬糸状虫・ノミ・ダニ、回虫、鉤虫、鞭虫、条虫
キウォフハート イベルメクチン 犬糸状虫・犬の回虫・鉤虫
バジルガードプラス ピランテルパモ酸塩・イベルメクチン 犬糸状虫・回虫・鉤虫

 

 

フィラリア症予防薬を使えば蚊に刺されないというわけではありません。
蚊に刺されてしまって、フィラリアが体内に入ってしまっても1ヶ月くらいは
皮膚の下や筋肉に留まっていますので、その間に駆除しましょうというのが
フィラリア症予防薬になります。

 

フィラリア予防薬には投与する形態が3種類あります。
フィラリアを予防するだけではなく体内寄生虫も駆除してくれる成分が入っていますが、
どんな寄生虫を駆除してくれるかは含まれている成分によって違ってきます。

 

 

おやつタイプと言って角切りのお肉のような物やチョコレート風味のものなど犬が
好みそうな匂いで嫌がらずに食べるように作られています。

 

 

次に、スポイトの様な容器に液体の薬が入っていて肩甲骨の間に垂らして薬剤を皮膚下に浸透させます。

 

 

錠剤タイプの普通の薬のようなもの

 

 

売れ筋ランキング